事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

東京地下鉄、大都市型MaaS開始 東京メトロアプリに実装

月刊事業構想編集部(2020/3/26)

0
​ ​ ​

東京地下鉄(東京メトロ)は、地下鉄、鉄道、タクシー、コミュニティバスやシェアサイクルなど多様なモビリティやサービスと連携して、東京における大都市型MaaSの取組「my!東京MaaS」を開始する。2020年3月25日に発表した。「パーソナライズド」「リアルタイム」をキーワードに、東京における移動の利便性を上げることを目指していく。

まず2020年7月に東京メトロアプリをリニューアルし、マルチモーダルな経路検索機能を実装する。鉄道に加え、シェアサイクルやタクシー、コミュニティバスを含む経路検索が可能になる。2020年度下期以降には、連携パートナーと「移動のしやすさの追求(エレベータールート検索)」、「健康応援」、「ビジネス加速」、「東京を楽しむ」といった取組を推進し、東京の移動に新たな価値を共創していく考えだ。これらの取組では、Japan Taxi、みんなのタクシー、全日本空輸、NTTドコモ、東京海上日動あんしん生命保険など外部パートナーと連携する。

東京メトロでは大都市型MaaSの例として、エレベーターが使えたり、雨に濡れない経路など個人のニーズに合わせたルート検索や、列車の走行位置などに基づくリアルタイム検索、稠密性・連続性のある移動手段の確保などを上げている。

metro_JR2003.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる