事業構想大 GIGAスクール時代に求められるEdtechのイベント開催

事業構想大学院大学は、2020年2月27日、3月2日、3月5日に東京・南青山で「新学習指導要領・GIGAスクール時代に求められる端末、ネットワーク、クラウド、デジタル教材とは」を開催する。
説明会では文部科学省が中心となって進める「GIGAスクール構想」とは何か、端末・ネットワーク・クラウドの整備の先に広がるビジネスチャンスなどについて解説。あわせて、2019年に学校法人先端教育機構が創刊した「月刊先端教育」をもとに、企業が文教市場にどのようなコミュニケーション活動を行っているかについても紹介する。
説明会の対象は、学習用端末、ネットワーク、クラウド、デジタル教材企業のマーケティング担当者や広告会社など。説明会は参加無料だが、事前申し込みが必要。詳細はこちら

GIGAスクール構想とは、児童生徒1人ひとりにPCやタブレットなどのIT端末を行き渡らせるとともに、高速大容量の通信ネットワーク・クラウド環境を整備し、公正に個別最適化された学びを全国の学校現場で持続的に実現させる構想のこと。GIGAとは、Global and Innovation Gate way for Allの略。

大学院外観.jpg