事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

治験ペーパーレス化のアガサ 4.2億円を資金調達

月刊事業構想編集部(2019/9/13)

0
​ ​ ​

アガサ(東京都中央区)は、第三者割当増資と日本政策金融公庫からの融資で、総額4.2億円を資金調達したことを2019年9月11日に発表した。

同社は、治験・臨床研究のペーパーレス化と事務作業削減を実現する文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」を提供している企業。医療・医薬分野で必要とされる、日米欧のコンプライアンス要件に準拠していることをが特徴で、既に北米・欧州・中国の8カ国に展開している。調達した資金を利用してユーザ数を一気に増加させ、2020年までに国内1000医療機関での利用と、海外売上比率5割の達成を目標としている。調達した資金は、国内外の営業活動・マーケティング活動の強化と、AIを活用した治験・臨床研究の業務効率化機能の拡充に充てる。2019年内にも、AIによる書類チェック機能のリリースを予定している。

今回は、新規投資家としてGMO VenturePartners、米Salesforce.comの投資部門である Salesforce Ventures、既存投資家としてモバイル・インターネットキャピタルが第三者割当増資を引き受けている。

Agatha1909.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる