事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

大和証券とデジタルガレージ テック系投資ファンドを組成

月刊事業構想編集部(2019/9/1)

0
​ ​ ​

 大和証券グループ本社とデジタルガレージは、2019年8月30日、合弁で設立したDG Daiwa Venturesから、 投資ファンド「DG Lab Fund Ⅱ E.L.P. Cayman」(通称:DG Lab2号ファンド)を組成したことを発表した。

 DG Lab2号ファンドは次世代技術「ブロックチェーン」、「AI」、「VR/AR」、「セキュリティ」、「バイオヘルス」の5つの重点分野を投資対象領域としている。DG Labとの連携や、様々な分野で業界をリードしている企業の参画により、最先端の技術動向を理解することで、前述の技術を有する国内外の有力なスタートアップ企業を峻別し、投資を行う。

 2019年8月末時点でDG Lab2号ファンドへ出資参画が確定しているのはカカクコム、KDDI、三井住友信託銀行、損害保険ジャパン、日本興亜。第一次募集は総額100億円を超え、完了した。2020年3月までにはファイナルクローズをし、最終的には総額200億円、DG Lab1号ファンドと合わせてると総額約300億円のファンド運用をDG Daiwa Venturesは目指している。

ブロックチェーン.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる