事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

VR/ARプロダクト開発のSynamon 2.4億円を資金調達

月刊事業構想編集部(2019/3/27)

0
​ ​ ​

Synamon(東京都品川区)は、ベンチャーキャピタルなどからの第三者割当投資と、金融機関からの融資で、2億4000万円の資金調達を実施したと2019年3月26日に発表した。増資の引受先は、KDDIの投資ファンドKDDI Open Innovation Fund 3号、三井不動産のCVCファンド31VENTURES Global Innovation Fund 1号、三井住友海上キャピタル、SMBCベンチャーキャピタルおよび個人投資家。

Synamonでは、VRを活用したビジネス向けのコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」を開発している。これは、VR空間を複数人で共有することで、リアルを超える対話を生み出すというものだ。既にクローズド・ベータ版の提供を開始しており、2019年4月には正式版をリリースする計画だ。

今回の資金調達と並行して、KDDIからNEUTRANS BIZの拡販のための法人顧客開拓サポートを受け、5Gを利用したVRの先進事例創出に向けた協業を実施する。また、三井不動産が運営するコワーキングスペース「31VENTURES Clipニホンバシ」と「31VENTURES KOIL」に、NEUTRANS BIZを導入する。

Synamon.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中