事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ドローンが安全に飛び交う空へ 同一空域の運行管理を実証

月刊事業構想編集部(2019/3/4)

0
​ ​ ​

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と、日本電気(NEC)、NTTデータ、日立製作所、NTTドコモ、楽天、KDDI、ゼンリン、日本気象協会は、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの実証試験を実施した。試験は、福島県と南相馬市の協力のもと、南相馬市復興工業団地内の「福島ロボットテストフィールド」で行われた。2019年3月1日に発表した。

これは、「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」(2017年度~2021年度)の一環だ。今回の試験の結果、NEDOプロジェクトが開発したドローンの「運航管理統合機能」、「運航管理機能」、「情報提供機能」で構成される運航管理システムが正常に作動することを確認した。2019年度以降は、プロジェクトに参画しているドローン事業者以外でもドローン運行試験を実施できるよう、APIを公開する予定だ。この運行管理システムについては、国際標準への提案も視野に入れている。

実証実験では、福島ロボットテストフィールドとその周辺の900m×600mの範囲に離着陸場を8カ所設置。災害調査、警備、物流、郵便の4つの利用シーンを想定し、安全を確保しながら10機のドローンを15分程度、飛行させた。運航管理の統合では、複数ドローンの飛行計画の調整と、飛行中のリアルタイムなドローン位置情報管理を自動で実施した。

drone1204.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる