事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ラック 闇ウェブを分析するセキュリティサービスを開始

月刊事業構想編集部(2019/2/21)

0
​ ​ ​

セキュリティソリューションサービスを提供しているラック(東京都千代田区)は、通常の検索エンジンには収集されない、いわゆるダークウェブなどにある情報を専門アナリストが分析する「Threat Landscape Advisoryサービス(早期警戒情報提供サービス)」を2019年4月から開始する。秘匿されたネットワーク内でやり取りされる、攻撃対象の選定や脆弱性の特定、要人の行動追跡、攻撃手法や攻撃ツールなどの情報を検知したり、窃取した個人情報や知的財産の売買などをモニターし、顧客企業のリスク管理を総合的に行う。

レコーデッド・フューチャー・ジャパン(東京都中央区、RF社)の脅威インテリジェンスサービス「Recorded Future」を活用するもの。これを用いたサービスの提供は、日本国内では初めてだ。同サービスを利用する企業は、サイバー攻撃のリスクが確認された段階で、ラックのアナリストから具体的な脅威とリスクの報告を受ける。併せて、必要な対策についてアドバイスを貰うこともできる。この他、四半期毎の、同一業種内のインシデント発生状況がレポートされる。ラックは、「Recorded Future」関連のサービス・ライセンス販売から、2019年度に1億円の売り上げを目標として掲げている。

Cybersecurity.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中