事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

トリプル・ダブリュー・ジャパン 排泄予測デバイスが世界で評価

月刊事業構想編集部(2019/1/15)

0
​ ​ ​

トリプル・ダブリュー・ジャパン(東京都千代田区、月刊事業構想2016年11月号参照)の排泄予測デバイス「DFree」が、米ラスベガスにて2019年1月8日~11日まで開催された電子機器の見本市CES 2019において、 CES「Innovation Awards」、IHS Markit「Innovation Awards」、 Engadget「Best of CES」の3つのアワードを受賞した。

IHS Markit「Innovation Awards」は日本企業としては唯一の受賞、Engadget「Best of CES」は日本を代表するベンチャー企業、J-Startup出展企業としては唯一の受賞となった。

「DFree」は、超音波センサーにより膀胱の変化を計測し、排泄のタイミングを予測するウェアラブルデバイス。2017年に日本国内でのサービスを開始、2018年からは米欧でのサービスを開始している。

CES2019.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる