事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

地域おこし協力隊が後継者難のお店を引継ぐ 宮崎県川南町で

月刊事業構想編集部(2018/11/8)

1
​ ​ ​

地域の、後継者不在の中小企業・小規模事業者から、地域おこし協力隊員が事業を引き継ぐことが決まった。2018年11月9日に宮崎県川南町役場で、事業譲渡調印式を実施する。

事業引継ぎ支援センターが運営する後継者人材バンクと、総務省の「地域おこし協力隊」との連携による最初の成功事例。この連携は、経済産業省と総務省が2018年6月に開始した取り組みだ。都市部から河南町に来た地域おこし協力隊員が、地域の生活を支える小売店を事業承継する。

welcome.jpg
1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる