事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

NTT西、白浜町ほか 公衆LANによるキャッシュレスサービスの実証を開始

月刊事業構想編集部(2018/10/26)

0
​ ​ ​

西日本電信電話(NTT西日本)と白浜町、南紀白浜観光局は、2018年11月1日から、白浜町の観光スポットにおいて、「キャッシュレスサービス導入拡大に向けた実証実験」を実施する。外国人観光客の利便性を向上することを目指す。

実証実験は、公衆無線LANを利用したキャッシュレスサービスの経済効果や利便性、安全性などの確認を行うもの。町内6カ所の観光スポットの店舗で、Alipay、WeChat Pay、Line Pay、d払いのQRコード決済を提供する。観光スポットでのキャッシュレスサービスは、現在はクレジットカードが主だという。

2017年に白浜町に宿泊した観光客数は約192万人、そのうち約10万人が外国人宿泊客だった。中国・韓国からの宿泊客数が増加傾向となっているため、これに対応するキャッシュレス・サービス導入が求められている。

beach_shirahama.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中