事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

業務プロセス自動化ベンチャーがシリーズAで4億円を調達

月刊事業構想編集部(2018/8/8)

0
​ ​ ​

クラウドRPA「BizteX cobit」を開発・提供しているBizteX(東京都港区)は、総額4億円の第三者割当増資を実施したと2018年8月7日に発表した。引受先は、米WiL,LLCが運営する「WiL Fund II, L.P.」と、ジェネシア・ベンチャーズが運営するGenesia Venture Fund 1号投資事業有限責任組合。Genesia Venture Fundはシードラウンドからの投資だ。

「BizteX cobit」は2017年7月にサービスを開始し、同11月に正式版をリリースした。クラウドRPAは、自社運用するRPAに比べて、手軽に導入できるのが特徴だ。BizteXでは、プログラムの知識がなくても簡単に使えるRPAを目指してインターフェイスを設計。既に、導入アカウント数は1150、 作成されたロボット数は4200、 ロボットに覚えさせ、実行された総実行ステップ数は1411万超となった。

調達した資金は、近く公開するBizteX cobit APIのシステム連携や、他社とのアライアンス強化、開発体制やマーケティングの強化に用いる。並行して、WiLのサポートの下、海外展開の準備も始める。

BizteX.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる