事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

カラー暗視カメラベンチャーが2億1600万円を調達

月刊事業構想編集部(2018/6/14)

0
​ ​ ​

ナノルクス(茨城県つくば市)は、Samsung Venture Investment Corporation、日本ベンチャーキャピタル、TokIめき応援1号ファンド(GP:フリーバンク株式会社、 LP:きらぼし銀行)、筑波銀行グループの筑波総研を引受先に、2億1592万円の第三者割当増資を実施したと2018年6月13日に発表した。

ナノルクスは産総研の技術を基に創業したベンチャー企業で、暗闇でのカラー撮影を可能にする「赤外線カラー暗視技術」を使ったイメージセンサーや暗視カメラの開発・製造を実施している。赤外線カラー暗視カメラの1号機は2017年2月に完成しており、今回調達した資金は、同製品の量産に充てる計画だ。

ナノルクス.jpg

ナノルクスウェブサイトより

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる