事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

厚労省 小学生の下校後の過ごし方を検討する専門委を発足

月刊事業構想 編集部(2017/11/13)

0
​ ​ ​
 

厚生労働省は、2017年11月8日、放課後児童対策に関する専門委員会の第1回目の会合を開いた。小学校を下校した後、家に保護者がいない児童が、保護者の帰宅までの時間を過ごす放課後児童クラブは、共働き家庭の増加に伴い需要が増えている。量の拡充に加え、質の確保などのニーズに対応するため、放課後児童対策について検討する専門委員会を立ち上げた。

 

1回目の専門委員会では、検討の論点を確認した。放課後の時間の過ごしやすさや安全面だけでなく、子供の社会性を育む視点からも、児童の成長・発達に応じた放課後の時間の過ごし方を考える必要が指摘された。放課後児童クラブの運営面では、待機児童を出さないための、量の確保をどう進めるかや、指導員の確保、災害時などの安全確保をどうするか、などを議論する。さらに、文部科学省と厚労省が2014年に作成した「放課後子ども総合プラン」の検証や、文科省が所管する放課後子供教室との連携についても論点とすることが提案された。

Kourousho.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる