事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

在住外国人にもふるさと納税 紹介サイトを多言語化

月刊事業構想 編集部(2017/10/3)

0
​ ​ ​

レッドホースコーポレーション(東京都江東区)は、自社のふるさと納税紹介サイト「ふるまる」を2017年9月28日にリニューアルした。外国人納税者向けに英語、中国語(繁体字、簡体字)での情報提供を開始する。

ふるまるの多言語版で検索可能な自治体の数は、現時点で50自治体。検索可能な自治体の数は今後、増やしていく。

Redh_newa171005.png

※画像を最終版のデザインに差し替えました(2017年10月5日)

日本で就職したり、事業を起こしたりして納税者となり、ふるさと納税に参加することができる外国人は2016年6月の時点で184万人、とレッドホースでは見積もっている。一方で、ふるさと納税の仕組みや、返礼品を紹介するサイトの多くが日本語のみの表記となっている。多言語化したサイトに参加することで、自治体はふるさと納税の募集だけでなく、寄付を通じた外国人向けのプロモーションも実現できる、と同社は考えている。

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中