2018年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

Jリーグ、次の25年へ

Jリーグ村井チェアマンが語る 日本サッカー、地域密着のこれから

村井 満(日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)チェアマン)

0
​ ​ ​

4年に1度のワールドカップイヤーの今年、25周年を迎えたJリーグ。現在、J1からJ3まで全国38都道府県、54クラブまでその裾野は広がり、地域密着が進められている。しかし、村井満チェアマンは「地域との関わり方を根本的に問い直さなければならない」と語る。

村井 満(日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)チェアマン)

――百年構想を掲げるJリーグは2018年5月、25周年を迎えました。発足時から地域密着を重視してきましたが、成果と課題をどう見ていますか。

村井 Jリーグは1991年に法人が設立され、1993年にリーグ戦がスタートしました。今でこそ地方創生が言われていますが、当時は日本経済がバブルの時代であり、そうした中で地域密着というコンセプトを打ち出したことは、とても斬新なことでした。

現在、J1からJ2まで38都道府県に54クラブがあります。プロスポーツが地域に根付くスピード、広さという点では、当初の思いを超えて発展を遂げています。

一方で地域の課題をどう解決するのか、その視点に立てば、まだまだ力不足です。国連が発表する「世界幸福度ランキング2018」において、日本は54位。日本は経済発展を遂げているにもかかわらず、質的な豊かさを表す指標を見ると、この25年間、向上しているわけではありません。

54クラブが行っている地域貢献活動は年間約1万8000回で、1クラブ当たり年間約300回以上。ほぼ毎日のように様々な活動が行われていますが、依然として日本社会には数多くの課題があります。地域との関わり方を根本的に問い直さなければなりません。

Jリーグが秘める「多様な価値」

――今後、Jリーグの地域貢献を、どのように変えていくのですか。

村井 地域密着を掲げるJリーグだからこそ、単なるサッカー団体の枠を超え、地域を豊かにしていく公器でありたい。そんな思いを込めて、この5月、未来共創「Jリーグをつかおう!」ワークショップを開催しました。

残り70%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる