事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

さとふる ふるさと納税返礼品の配送費を抑制するサービスを開始へ

月刊事業構想編集部(2019/12/11)

0
​ ​ ​

さとふる(東京都中央区)は、ふるさと納税の返礼品を効率化し、自治体の配送費用負担を削減する「さとふるおまとめ便」を2020年から、一部の自治体・事業者向けに開始する。2019年12月9日に発表した。

さとふるが配送業者と提携し、返礼の品を特定の地域から関東の経由地までまとめて1台のトラックで輸送した後、個別配送することで、自治体が負担する配送費用を削減するというもの。2019年10月に北海道八雲町で行った実証実験では、2200個の返礼品配送において、配送費用を約15%削減できた。繁忙期には削減効果は20%になると、さとふるでは見込んでいる。

改正地方税法により2019年6月1日から、ふるさと納税の寄付の募集にかかる費用は寄付額全体の5割以下とされている。北海道や九州、沖縄などの大都市圏から離れた地域は、配送費用が高額になる分、返礼品の調達費用が圧迫されるという問題を抱えている。

さとふる_まとめ配送.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる