事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

観光庁 外国人向け災害情報提供アプリのAPIを公開

月刊事業構想編集部(2019/4/4)

0
​ ​ ​

観光庁は、訪日外国人旅行者向けに緊急地震速報、津波警報、気象特別警報などをプッシュ通知するアプリSafety tipsのAPIを公開することを2019年4月3日に発表した。Safety tipsは同庁が監修しているアプリで、英語・中国語(簡体字/繁体字)・韓国語・日本語の5言語に対応している。

これにより、ゼロから災害情報アプリを構築せずに、事業者のサービスで災害時情報を配信することが可能になる。APIの利用に際しては、導入に関する費用を負担すること、最低1年間継続して利用すること、等の条件がある。また、アプリ制作会社との日本語での契約が必要となる。

travel.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる