2020年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

事業を構想し実践する「ビジネスデザイン」

銀行とカード会社が協業、デザインの力で「選ばれるアプリ」に

三井住友銀行

0
​ ​ ​

銀行とカード会社が協業し開発した「三井住友銀行アプリ」と「三井住友カード Vpassアプリ」。2019年3月のリリース後、ダウンロード数が飛躍的に伸び「新しいお財布」として定着した。開発経緯やデザインについて、三井住友銀行と三井住友カードの担当者5名に聞いた。

文・矢島進二 日本デザイン振興会 理事

 

左から三井住友銀行リテールIT戦略部小西裕二氏、安藤里奈氏、堀祐子氏、三井住友カードIT戦略部大埜喬氏、平野大介氏

「三井住友銀行アプリ」と「三井住友カード Vpassアプリ」は、残高・入出金明細照会や振込・振替などはもちろん、デビットカードやクレジットカードの利用状況、様々なポイントや電子マネーの残高などが一括で管理でき、資産全体を統合的に見ることができるスマートフォンアプリだ。国をあげてキャッシュレス社会が推し進められる中、2つのアプリはキャッシュレスライフを親しみをもって実現していると言えよう。

「新しい財布」をコンセプトに諸機能を整理。連携はスムーズで色彩やレイアウトは統一されている

主たる開発メンバーは、三井住友銀行リテールIT戦略部小西裕二氏、安藤里奈氏、堀祐子氏と3名と、三井住友カードIT戦略部平野大介氏、大埜喬氏の2名。2社で「キャッシュレスプロジェクトチーム」を組織し、全員そのメンバーだ。

同チームは、支払い手段が多様化する中で、決済のプラットフォーマーになることを目指して結成されたもので、同アプリはユーザー向けサービスの中核となるものだ。

残り77%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中