数字で見る 循環経済と持続可能性 若年層はリユースに熱心

総資源化量とリサイクル率の推移


全国のごみ総排出量、1人1日当たりのごみ排出量は減少しているものの、国内のリサイクル率は、過去10年ほとんど変化していない

出典:環境省 一般廃棄物の排出及び処理状況等[平成29年度]

 


全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。