2017年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

クリエイターの視点

21世紀の産業は「観光」 日本のemptyという美意識資源

原 研哉(デザイナー、日本デザインセンター 代表取締役社長)

1
​ ​ ​

世界中で移動する人々の数が増える21世紀の産業は、観光ともいわれる。気候や風土、文化、食は世界共通の観光資源で、日本はその資源に富んでいる。今後は、ハイテクと美意識資源、国土をどのように融合させるかが課題となる。

原 研哉(デザイナー、日本デザインセンター 代表取締役社長)

21世紀の産業は観光

日本は高度経済成長を経て、現在は成熟の時期を迎えている。この成熟をどのようにしていくかが課題となる中、世界で活躍するデザイナーの原研哉氏が関心を持つのは「移動する人の数」だ。

1960年ごろの世界では、飛行機や船を使って移動する人々は1億人程度だったが、現在は11億人に増加した。この数はさらに、2030年ごろには世界人口の4分の1にあたる18億~20億人になるとみられる。このような背景から、20世紀の産業は製造業であったが、21世紀の産業は観光になるともいわれている。

「気候や風土、文化、食は世界共通の観光資源ですが、細長い島国の日本では、これらが変化に富み、観光資源は豊富です。世界を遊動する人たちに、自分たちの特徴をどう出していくか。そのためには、日本の『日本らしさ』とは何かを考えなくてはなりません」

残り81%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる