2015年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

スポーツ起点の新戦略

「eスポーツ」の熱狂、日本上陸 ゲーム観戦はエンタテイメント

鈴木文雄(SANKO 代表取締役社長)

1
​ ​ ​

ゲームの達人たちが、自らの腕を競い合う「eスポーツ」。海外では、多くの観客を集め、新しいマーケットをつくり出している。昨年には、日本初の専用施設「eスポーツスクエア」が秋葉原にオープンした。

SANKOは、eスポーツのプロリーグを展開。ショーアップされた会場で、熱い戦いが繰り広げられる

複数のプレイヤーがコンピュータゲームでバトルを繰り広げる「e(エレクトロニクス)スポーツ」。今、海外では大手企業がスポンサーになり、ハイレベルなプレイヤーが高額賞金をかけて競い合う大会が開催され、大勢の観客が熱狂している。

日本初の本格的なeスポーツの拠点として、2014年1月に東京・秋葉原にオープンしたのが「eスポーツスクエア」だ。店内には、ゲーミングスペースだけでなく、大勢でゲームを観戦できる大型スクリーン、競技用ステージ、実況解説席、バーなどが揃っており、来場者が達人のプレーを楽しく観戦できる環境が整っている。また、配信設備も充実しており、ハイクオリティな生放送や録画が可能だ。

日本のゲーム業界に風穴

広告業で成長を遂げてきたSANKOが、eスポーツに進出したのは2011年。代表取締役の鈴木文雄氏は、「米国や韓国でゲームが競技となり、若者たちが多額の賞金とスポンサー料を獲得しているシーンを見て衝撃を受けました。ゲームがスポーツとなり、プレイヤーがプロとして活躍できる枠組みにピンときたんです」と語る。

鈴木文雄SANKO 代表取締役社長

鈴木社長は、テストマーケティングのために、千葉県市川市の雑居ビルに最初のeスポーツ施設をオープン。しかし、オープンから2週間は全く客が来ず、苦戦したという。

残り68%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中