2014年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

デザイン思考のプロセス

デザインワークショップからイノベーションは生まれるか?

紺野登(KIRO代表、多摩大学大学院教授)

1
​ ​ ​

日本でもデザイン思考に関する周知は進んでいるが、実際に導入に成功し、イノベーションを起こしている企業はほとんどない。その理由は何だろうか。KIRO(知識イノベーション研究所)代表で多摩大学大学院教授の紺野登氏が解説する。

デザイン思考はツール。ただ会社でワークショップをしてもイノベーションは生まれない(写真はイメージ) Photo by _dChris

ワークショップからイノベーションは起きるか?

   

観察、概念化、プロトタイピング、ストーリーテリングといったプロセスをベースとしたデザイン思考は、イノベーションを生み出すための方法論として日本でも広く知られるようになった。

今言われているデザイン思考は、もともとアメリカのデザインコンサルティング会社IDEOの創業者のひとりでインタラクションデザインの提唱者でもあるデザイナー、ビル・モグリッジと、同じくエンジニアのデビッド・ケリーが、インタラクションデザインとエンジニアリング的思考を掛け合わせてイノベーションに活かし始めたところからスタートしている。ここから、ユーザーの行動を観察するエスノグラフィやブレインストーミングを用いる現在の方法論に進化していった。これが定着し、昨今ではデザイン思考のトレーニング・ワークショップがあちこちで大盛況だ。

しかし、ひとつ疑問がある。

それで本当にイノベーションは起きているのだろうか?

恐らく、起きないだろう。

デザイン思考はあくまでツール

 

デザイン思考は便利な手法でもあるが、それだけやっていても意味がない。ポストイットをたくさん使って、ブレインストーミングをして、参加者を楽しませることはできるが、結果的にツールを学んだだけで何も生み出していない、ということが多い。

なぜ、こうしたデザイン思考のセッションからイノベーションは生み出せないのか?

ひとつには、デザイン思考の流行によってエスノグラフィやデザインの専門家ではない人がワークショップで講師を務めているという現状がある。これに対し、パーソナルコンピューティングの父として知られるアメリカの著名な科学者、アラン・ケイは「小学5年生に、数学のバックグラウンドを持っていない先生が算数を教えているようなもの。それでは数学をつまらなくさせてしまったり、子どものクリエイティビティを引き出すことができなくなる。デザイン思考をするなら、リアルなデザイナーが必要だ」とコメントしている。

私も同感だ。本来デザイン思考は知識創造のひとつのバリエーションであり、しっかりとした骨組みを持った有用な理論である。これまでの分析的な経営思考やモノづくり主導の経営に対応し、これからのビジネスの中心的な思考になるものだ。

これから企業やビジネスのあり方が総合的に変わっていく中で、ひとつの部品になる。これを単なる流行で終わらせてはいけない。本質の理解が必要だ。

目的発見の重要性

   

デザイン思考を実践するうえで最も重要なのは、何のためにデザイン思考をするのか、という「目的」(purpose)だ。それが欠けている場合が多い。どの会社もイノベーション、イノベーションと叫んでいるが、大半は目的がない。そう指摘すると、たいてい反論を受ける。

残り51%

1
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる