SDGsと民間企業のサステイナブル投資を促すグリーンボンド

グリーンボンドはどのようにSDGsを促進しているのか

SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」において定められている17のゴール・169のターゲットから構成されるもので、2030年までに発展途上国と先進国双方が取り組む国際目標である(外務省、2020)。国連貿易開発委員会は、SDGsを達成するために2030年までに年間5〜7兆米ドル(約538~753兆円)の公共及び民間投資が必要不可欠であると推定している(国連貿易開発委員会、2014)。2007年に発行が開始されたグリーンボンドの調達資金の使途は、気候変動の緩和と適応、自然資源や生物多様性の保全、汚染防止および管理等のSDGsに関わる環境目的に貢献する適格プロジェクトに限定されている。図1はグリーンボンドの各種対象プロジェクトがSDGsのどのゴールに貢献するかを示している。

図1:グリーンボンドの各種対象プロジェクトとSDGsの関係

出典:国際連合広報センター及びGBP (2018)に基づき筆者作成

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。