地方創生SDGs、上場企業・機関投資家の最新動向

内閣府は、上場企業(回答数808件)と機関投資家等(回答数129件)に対して行った、地方創生SDGsに関するアンケート調査の結果を公表した。企業の地方創生SDGsへの取り組みを進めるためにはリソース不足の解決が、投融資拡大にはリターンの向上が求められていることが明らかとなった。

6割の企業が地方創生SDGsに前向き

すでにSDGsに取り組んでいる企業が、地方創生SDGsにも取り組んでいる傾向が強かった。取り組みのメリットについては、「企業の評価が高まることによる既存事業の拡大」「新たなイノベーションの創出など、新規事業の拡大」「就活生など、人材獲得への好影響」と回答する企業が多かった。一方、課題としては、「社内外の認知度が高まっていない」「取組内容の実施にむけたリソースが不足している」「事業との関連性および社会的影響に関する分析評価がわからない」といった声が一定数上がっており、取り組みに向けた検討が現場レベル(担当部署等)でとどまっている可能性が指摘されている。

地方創生SDGsの取組状況(n=805)

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り70%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。