2019年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

持続可能な世界をつくる

「無駄」を「富」に変える 世界で進むビジネスモデルの変革

海老原 城一(アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 マネジング・ディレクター)

1
​ ​ ​

持続可能性が重視される時代の新たなビジネスモデル、サーキュラー・エコノミー(CE)。それは、環境負荷低減だけではなく、ビジネスのあり方そのものの変革を意味する。CEの潮流の下、今後、どのような市場が創出されるのか。アクセンチュアの海老原城一氏に話を聞いた。

海老原 城一(アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 マネジング・ディレクター)

サーキュラー・エコノミーの
インパクトとは?

――サーキュラー・エコノミー(CE)は、従来のビジネスモデルとはどのような違いがあるのですか。

海老原 従来のビジネスモデルは、製造物を消費者に販売することを中心としており、廃棄された後、回収できた一部をリサイクルするという一方通行に近い流れでしたが、CEは資源を回収・再生・再利用し続けることで、大量生産・大量消費の限界を超え、資源制約からの解放を実現します。しかも、それは単なる環境負荷低減ではなく、さらなる経済成長をもたらします。

世界で最もCEが進んでいるのは欧州ですが、日本でも急速に注目を集めています。その背景には3つの要因があります。

まず、1つ目に挙げられるのが資源供給の制約です。埋蔵量の懸念から、特に2000年以降は多くの資源価格が高騰し、製品価格に転嫁せざるを得ない状況になっています。さらに、2050年までに多くの金属が現在の埋蔵量ではまかないきれないと見られており、これまで以上に資源効率の優れたビジネスモデルが求められています。

2つ目に挙げられるのは、消費者意識の変化です(図1参照)。モノを「所有」するのではなく「利用」し、その利用から得られる「成果(アウトカム)」をシビアに判断する消費者が増えてきました。店頭に並べられた、企業が提供する商品を「従順に」選ぶのではなく、自分の利用シーンに合う、本当に欲しいものだけを欲しがるようになっています。

いわば「わがまま利用」を重視する消費者が増えています。また、所有せずに利用さえできれば良いため、他人との「シェア」にも抵抗がありません。この傾向は、特に若い世代に顕著です。企業からすると、製品を売って終わりというビジネスだけでは立ち行かなくなっています。

3つ目には、IoTやAIをはじめとするテクノロジーの発展があります。モノの稼働状況や使われ方、ユーザーの興味・行動に関するデータを、低コストで入手しやすくなりました。未利用の資産を顕在化し、ビジネスにつなげることが可能になっています。

現状では、環境対応の視点からCEに関心を持つ企業も多いようですが、CEはリサイクルのような従来型の静脈産業とは根本的に異なります。ビジネスのあり方そのものの変革であり、企業が持続的に成長するための新たなビジネスモデルなのです。

図1 消費者が重視する「価値」の変化

出典:アクセンチュア資料

残り77%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる