中国越境ECで大ヒット 「消費者目線」でのファンづくりがカギ

中国越境EC向けに月10万個以上のヒットが続いている朝用マスク「サボリーノ」。同製品を販売するスタイリングライフ・ホールディングスBCLカンパニーは、大手ではないからこそ、消費者目線に立ち、いかにファンづくりを行うかを考え抜き、成功を収めている。

嶋 英樹(スタイリングライフ・ホールディングスBCLカンパニー 海外事業部 事業部長)

きっかけは「偶発的」

化粧品を開発し、世界14の国と地域へ販売するスタイリングライフ・ホールディングスBCLカンパニー。同社海外事業部事業部長の嶋英樹氏は、「約10年前、国内マーケティングを担当する中で余剰在庫品を台湾、香港の企業に販売をしたのが、海外貿易事業のスタートです。1年ほど前より中国越境ECにも取り組んでいますが、ヒットのきっかけは偶発的でした」と話す。

「爆買いや越境ECといった言葉が頻繁に使われる前から、台湾をはじめアジア各国へ輸出しておりましたので、台湾や香港で売れている商品は把握しておりました。2013年頃から中国人による爆買いが始まった頃、その商品がすべて2010年頃に台湾の本やインターネットで紹介され、現地で購入されていたものであると気が付いた時はとても驚きました」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。