2017年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

新・観光ビジネスに挑む

世界中の「道」を地域資源に 走りたくなる道に出会う新サービス

大森 英一郎(ラントリップ 代表取締役)

0
​ ​ ​

知らない土地を走るのは、ランナーにとって忘れがたい体験になる。全国のランナーが投稿した、お薦めのコースを参照できるサービス『ラントリップ』は、「道」を地域資源に変えるツールとなり、新しいスポーツツーリズムを実現する。

大森代表は、サーファーが良い波を求めて旅をする「サーフトリップ」のように、ランナーが良い道を求めて旅をする「ラントリップ」のカルチャーを広げようとしている

『ラントリップ』は、各地のランナーが投稿した「自慢のコース」を簡単に検索できるウェブサービス

大学時代、箱根駅伝ランナーとして活躍した経歴を持つラントリップの代表、大森英一郎氏。大森代表はリクルートグループに入社した後、東京湾に浮かぶ無人島、猿島への集客を手掛ける観光会社に転職。そこで観光業への問題意識を持つようになった。

「夏は船に乗れないほど人が殺到するのに、冬はまったく人が来ないんです。また、地域の観光振興として、イベントで何千、何万人を集めることが行われていますが、一時のイベントに力を注ぐことで、むしろ地域が疲弊しているのではと感じました。大事なのは持続性で、『観光需要の平準化』を考えるようになったんです」

大森 英一郎(ラントリップ 代表取締役)

残り82%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる