防災を身近にするデザイン ゲームやファッションで「ボウサイ」

非常食の定期宅配サービスから始まり、ファッションアイテムとして、普段使いできる防災グッズや、遊びながら防災の知識が学べるボードゲームなどを開発。yamoryは「ボウサイ」をデザインし、多くの人が、日常の中で災害対策を考えるきっかけをつくり出す。

普段使いできるアクセサリーが、ボウサイにも役立つ。ブレスレットをほどくと、丈夫で長いロープとなり、さまざまな用途に使うことができる

震災直後のように、一時的に防災への意識が高まることはあっても、日常的に防災・減災に取り組む人は少ない。そうした中で、R-pro代表取締役の岡本ナオト氏は、「防災を無くすこと」を目標に掲げる。

それは、「防災が不要」という意味ではない。岡本代表は「防災を意識せず、いつの間にか採り入れてしまうこと」と表現する。

「多くの人から、防災は面倒くさい、つまらないと思われています。防災をデザインすることで、若い世代がカッコいいと思える『ボウサイ』にする。わざわざ『防災のため』ではなく、『楽しいから』、『好きだから』という理由で取り組んだことが、結果的にボウサイになる。それが、ボウサイを広めることにつながると考えています」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。