公道を走るレーシングカー、「浅間ヒルクライム」実現への道

日本で唯一、公道を使ったモータースポーツイベント「浅間ヒルクライム」。浅間山は、日本初のメーカー参加レースが開催された場所であり、そうした地域の歴史、文化が、イベントの実現を後押しした。

「浅間ヒルクライム」には、レーシングカーやクラシックカーなど、普段は見られない車が集結。エキシビション走行を含めて130台以上が参加した

今、海や山など地域の資源を活用したスポーツイベントが増えている。

たとえば、オーストラリア発祥のアウトドアポーツ「ロゲイニング」。主に山野で行われ、地図、コンパスを使って、制限時間内に地図上のチェックポイントをできるだけ多く回り、その得点を競うスポーツだ。霧ケ峰や桜島、伊豆大島などで開催されている。

ビーチや公園などを使ってヨガをする「アウトドアヨガ」も都会の女性を中心に流行し始めており、大きなイベントでは参加者が1000人を超えるものもある。

「日本初」の歴史が原動力

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。