世界の自然災害リスク

世界各地には、地震・津波、風水害、干ばつ等の自然災害のリスクが存在。過去に発生した世界中の自然災害の経験をもとに、どのように防災対策に取り組んでいくべきか。自然災害による人的損失、物的損害、社会的・経済的混乱を国際協調行動を通じて軽減することも重要なテーマである。

東日本大震災以降でみても、タイ大洪水(2011年)、カリブ海沿岸を襲ったハリケーン「サンディ」(2012年)、フィリピンを襲った台風「ハイヤン」(2013年)など、大災害が毎年のように発生、都市化の進展とも相まって人的物的被害が拡大。また、企業活動の被害によるサプライチェーンの寸断など、経済的な影響が全世界に波及している。

国際レベルの防災

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り91%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。