「仙台防災枠組」を採択

3月14日から18日の5日間のスケジュールで「第3回国連防災世界会議」が開催された。この期間、仙台市に首脳・閣僚を含む世界中の防災のキーパーソンが集結し、防災戦略について議論を行った。その数、国連主催の本体会議に世界187カ国から約6,500人、パブリック・フォーラムに延べ156,082人が参加。日本における過去最大規模の国際会議となった。

第3回国連防災世界会議 本会議では187の国連加盟国が参加

日本の存在感をアピール

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り92%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。