東日本大震災の教訓を踏まえたBCM

BCM(事業継続マネジメント)への東日本大震災の貴重な教訓には、「想定外を作らない複数の段階の被害想定の必要性」、「代替戦略による拠点、人、調達先等の準備の有効性」、「製品のスペックの決定における差別化部品の絞込み」などがある。

東日本大震災の津波の影響で泥水が堆積した仙台空港(2011.3.13) Photo by U.S.AirForce

東日本大震災では、多く企業が事業中断を余儀なくされた。被災した拠点の復旧が可能であった企業もあった一方で、拠点の被害やライフライン・インフラの被害が大きく、その場での復旧が当面困難な企業も相当な数に上った。後者の場合、事前に代替拠点まで想定していた企業は少数であり、被災してから探し始める例がほとんどであった。そして、代替拠点で事業再開をあきらめ、地域の復旧が進むまで従業員を解雇し、事業を休止せざるを得なかった地元企業も多かった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。