事業継続計画(BCP)の重要性

近年の災害等の経験もありBCPの必要性は理解されてきたが、中小企業への普及が進んでいない。BCP文書を作る余裕がなくても、経営者が事業継続上の自社の弱みを把握し、対策を考える努力を続けるだけでも有効である。

出典:内閣府「事業継続ガイドライン第三版」(2013)

政府が企業に対して事業継続計画(BCP)の策定を呼びかけ始めてから今年で10年、企業の経営者や幹部の方々の多くは、大災害等に備えて「BCPが必要」と言われている。私は、10年前に政府が公表した「事業継続ガイドライン」の策定に内閣府担当者として携わり、その後、策定に協力いただいた専門家の方々とNPO法人事業継続推進機構を立上げ、研究や実務の立場からBCPの普及に関わってきた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。