津波に備える「避難タワー」

日鐵住金建材の仙台製造所は、東日本大震災で津波被害に遭う。その体験をもとに「避難タワー」を開発・整備。仙台市の避難拠点にも指定され、日頃の避難訓練等を通して、自治体、企業、地域の望ましい連携を試行。この「避難タワー」を商品として、津波避難ニーズの高い地域に展開している。

東日本大震災の際の仙台製造所

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り90%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。