円滑な避難を生む「津波避難計画」

島国日本において避けられない津波災害。その対応には綿密な避難計画が欠かせない。地域ごとに想定される津波の高さや押し寄せるスピードも異なる中、いかに的確な計画を立てるのか。そこでは、地域や住民に合わせた計画設計が行われている。

パシフィックコンサルタンツ
(中)杉本伸之 都市・環境事業本部 交通政策部 交通デザイン室長
(左)長谷川弘忠 国土保全事業本部 防災危機管理部 危機管理室長
(右)札本太一 都市・環境事業本部 交通政策部 交通戦略室

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り95%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。