数字で見る観光ビジネス 80%はアジア人、訪問地域偏重も課題

日本の観光産業の成長を支えているのは、訪日外国人客数の増加である。8割以上はアジアからの訪日客であり、訪問地も関東・関西に集中している。現状と課題の分析から、次のビジネスチャンスが見えてくる。

訪日外国人客数と旅行消費額は過去最高に

2015年の訪日外国人客数は1974万人(前年比47.1%増)、旅行消費額は3兆4771億円(同71.5%増)。政府は今年3月にまとめた新たな観光ビジョンで、2020年に訪日外国人客数4000万人の目標を掲げた。

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査2015年」

訪日外国人客の国・地域別内訳

訪日外国人は82.9%がアジアからであり、中国人が499万人と最も多い。消費額に占める中国人のシェアは40%を超える。北米や欧州からの旅行者数も増えてはいるものの、シェアは大きくない。

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査2015年」

リピーター率 (2015年)

訪日回数は中国やイタリア、スペインでは1回目が6割程度だが、台湾や香港では約8割がリピーター。旅慣れた観光客は「新しい日本体験」を求めている。観光庁統計より。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り60%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。