実証データに基づく、大和ハウス工業の防災住宅

「技術の大和」として常にイニシアチブをとる大和ハウス工業。住む人の幸福な暮らしを支えるのは「強い家」との考えのもと防災分野に関する最新技術を導入し、新たなスタンダードを築く。

実大三次元震動破壊実験施設「E-ディフェンス」による実証実験の様子

デザイン、価格などマイホームを購入する上で重要視すべき点は多々ある。しかしながら、「地震大国」と呼ばれる日本において「災害に強い」という側面は第一に求められる最低限の条件ではないだろうか。「家は家族を守るシェルターになるべき。」と語るのは大和ハウス工業の久保礼佳氏。住宅の安心・安全について真摯に考える同社の技術と取り組みに迫った。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り77%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。