入国審査の長時間化を解決 マレーシア初「クラウドパスポート」とは

観光ビジネス市場が急成長する今、事業化のチャンスは様々なシーンに存在する。マレーシアのBorder Passは、入国審査の長時間化という課題に着目し、“クラウドパスポート”という新たな概念を提唱、注目を集めている。

世界の観光客数が増加するなかで、空港における入国審査の長時間化という新しい問題が生まれている(写真はイメージ)

入国審査に長蛇の列

訪日外国人客数の急増に伴い、様々な問題も生まれている。そのひとつが空港における入国審査の長時間化だ。

国内主要空港では、入国審査が長蛇の列となり、20分以上の待ち時間がかかることも珍しくない。国土交通省や空港はこの問題を解決しようと、審査ブースの増設やCIQ(税関・出入国管理・検疫)要因の増強に取り組んでいる。今年3月からは成田国際空港と関西国際空港で、訪日外国人のうち国際会議等の参加者やVIPを対象に入国審査を専用レーンで行うファーストレーンが導入された。しかし、訪日外国人客数を2020年に現状の倍の4000万人にするという政府目標を考えると、より抜本的な対策が求められると言える。

入国審査の長時間化は、何も日本だけに限った課題ではない。国連世界観光機関の調査によれば、2015年の国際観光客到着数は前年比4.4%増の11億8400万人、2030年には18億人に達すると推計されている。

「東南アジアの空港の38%が容量オーバー状態にあります。人海戦術的な入国審査はもはや限界です」と話すのは、Border Passのファイサル・アリフCEO。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り72%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。