2015年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

スポーツ起点の新戦略

スポーツ人口拡大へ 草野球のIT化から始まる挑戦

大垣伸悟(ギガスリート 代表取締役)

2
​ ​ ​

ITの活用によって、実力が拮抗した対戦相手との試合をマッチングし、ヒーローインタビューや何百枚もの写真の掲載など、ウェブをフル活用する軟式野球リーグ「G-LEAGUE」。テクノロジーの力で、スポーツ環境を変えていく。

日本全国に31万チームが存在し、プレイヤー数は推定490万人にのぼるにも関わらず、未開拓の巨大マーケットがある。草野球だ。

この市場の開拓に挑むのが、ギガスリート代表の大垣伸悟氏だ。全盛期には150km超のストレートを投げるピッチャーだった大垣代表は、高校時代にメジャーリーグを目指して単身渡米。プロ・アマのチームを転々としたが、怪我の影響もあり、20代半ばでメジャーリーガーの夢を断念した。

帰国後、情報システムの教諭として教壇に立ちながら、大学院でAI(人口知能)の研究を行う。その後、大手企業向けERPパッケージソフトの開発エンジニアに転身し、ギガスリートの起業に至る。

「G-LEAGUE」は詳細なデータ分析によって、実力が近い対戦相手とのマッチングを実現。実力を拮抗させることにより、試合そのものの面白さを感じられるようにした

「スポーツをすること」を日常に

大垣代表が目指すのは、日本の、ひいては世界のスポーツ環境の変革だ。

「日本のスポーツ産業の問題として、そもそものスポーツ人口の少なさが挙げられます。スポーツをするにしても、年に数えるほどという人が多い。スポーツが非日常の楽しみとして捉えられています。スポーツを身近に楽しめる環境を整備し、もっと日常のものにしていきたい」

残り71%

2
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中