2015年6月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

農業を変えた新発想

稼ぐ農へ、「おいしい」を共創 女性起業家が挑む農業改革

加藤百合子(エムスクエア・ラボ 代表取締役)

0
​ ​ ​

工業から転身した異色のキャリアを持つ女性起業家が、農業ビジネスで注目を集める。エムスクエア・ラボの代表・加藤百合子氏は、生産者と購買者をつなぐ仕組みを構築。流通改革に挑むとともに、農業ロボットの開発でも大きな役割を果たす。

信州大学のホウレンソウ収穫ロボ。かつて工業の技術者だった加藤代表は、産官学による農業ロボットの開発に積極的に関わる

農業を支援しようと、2009年に加藤百合子氏が静岡県菊川市で立ち上げた「エムスクエア・ラボ」。生産者が育てた農産物を、こだわりの食材を求める飲食店や食品加工会社などに納める「ベジプロバイダー」の事業で、2012年、日本政策投資銀行主催の第1回「女性ビジネスプランコンテスト」大賞を受賞した。

ベジプロバイダーは、生産者と購買者をつなぐ。購買者がいつ、どんな野菜が欲しいのかを把握し、両者にとって最適な納期や量、価格を調整。営業の代行として生産者の要望に合った売り先を探しながら、生産現場にも足を運んで生育状況を確認し、購買者が求める品質を実現できるよう管理する。

独自に開発したITのデータ活用と、現場に精通する人の強みが、ベジプロバイダーの事業を支えている。

「おいしいを共創する」仕組み

加藤代表は、ベジプロバイダーの価値をこう語る。

加藤百合子(かとう ゆりこ)エムスクエア・ラボ 代表取締役

「ベジプロバイダーは、生産者と購買者が『おいしいを共創する』ための事業です。生産者の思いをストーリーに乗せることで、売り先の惣菜会社やレストランの売り上げ向上にも貢献できます」

現在、契約をしている生産者は、静岡県内がメインで約90件。購買者は首都圏が中心で約50件。「ベジプロが目利きした野菜はおいしい」といった口コミが広がり、現在、契約数は順調に増えているという。

従来の農作物の流通では、出荷されモノが動くことで収益が生まれる。一方、ベジプロパイダーは、実際に売れた段階でマージンを得る仕組みだ。

「基本的にはマッチングフィーで、販売量に応じた手数料やコンサルタントのサポート料をいただいています。従来の商習慣とは異なるので、生産者にも購買者にも、理解してもらうのは大変です。最近は、実績がついてきたので、利益が出るようになりました。課題は、物流費を抑えることです。物流会社を使っていたら採算が合わないので、生産者の方に空き時間を利用して集荷に回ってもらうなど、低コストで運用できる仕組みをつくりました」

加藤代表は、人とのネットワークにも支えられ、事業を成長させてきた

工業から農業の世界に転身

エムスクエア・ラボが、ここに至るまでの道のりは簡単ではなかった。そもそも、加藤代表は工業の世界を歩んできた技術者であり、農業の専門家ではなかった。

加藤代表は東京大学農学部で農業用ロボットの研究に従事した後、英国や米国に渡り、宇宙ステーションに植物工場をつくるNASAのプロジェクトに参画。結婚を機に静岡県菊川市に移り住み、夫の親族が経営する産業機械メーカーで減速機の開発責任者を務めた。

そして、出産を経て育児に携わる中で、食や農業の価値を改めて見直し、2009年にエムスクエア・ラボを設立した。

「農業の不効率さを知る中で、ITの仕組みづくりなど、自分にもできることがあるのではと考えました。もともと、父や祖父が経営者だったので、いつかは自分でもやってみたいと思っていたんです」

残り70%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる