急成長する新興国マーケット 数字で見る海外戦略の可能性

今後、世界経済は、アジアなど新興国を中心に発展し、海外のマーケットは急速に拡大していく。日本企業には、自らの強みを見つめ直し、そのチャンスを活かすことが求められる。

急激に成長するアジア・新興国市場

90年には、日本はアジアで唯一の経済大国と位置づけられていた。しかし、新興国が台頭する中で、その存在感も低下。近年、アジア各国でも、中間層を中心とした豊かな市場が生まれつつある。

出典 : 河瀬誠著『海外戦略ワークブック』:IMF World Economy Outlookより

中国・米国・インドが中心となる2050年の世界経済

20世紀の世界経済は、日・米・欧が中心だった。しかし、その構図も様変わりする。今後、中国と米国は、日本の5倍以上の規模を持つ経済大国となり、インドがそれに続くという未来予測も多い。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り68%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。