「独創」を生み出す伝統の力

幼児用のリング歯ブラシや介護用のコップなど、斬新な商品開発でニッチな市場を開拓してきたファイン。四代目への事業承継を経て、次の成長を目指した組織づくりが進む。

1948年創業の老舗の歯ブラシメーカー、ファインはユニークな商品開発で知られる。幼児用のリング歯ブラシでは、グッドデザイン賞を受賞した。それは、棒状の歯ブラシでは幼児ののどを突く恐れがあることに注目し、生み出された。

また、介護用品も手掛けている。一例として、飲み口の反対側をU字に婉曲させた「レボUコップ」。コップを傾けても鼻に当たらないので、首や頭を反らさずに最後まで飲める。ちょっとした工夫で、独自の分野を切り開いてきたのである。

Uコップを事例の一つとして取り上げたビジネス書『新しい市場のつくりかた』(三宅秀道著)は、技術競争・価格競争から脱却し、問題を発見して、これまでにないライフスタイルを提案することが新市場開拓のために重要と説く。

「私たちが『この状態は別のそうであるほうが望ましい、そうなるべき』と思う状態の構想、それ自体も発明の対象なのです。先に紹介したレボUコップを開発した、ファイン社の清水和惠さんという方がそれに気づくずっと前から、世の中にはたくさん『首が曲げられないので、コップの水を飲み干せない人』というのはいたのですから、その状態自体は発見の対象です」

誰かが問題にしなければ、その問題は存在しない。問題そのものが、発明の対象なのである。

組織での商品開発力を強化

現在の清水直子社長は4代目。3代目の母・和惠氏が70歳になるのを機に、2010年に経営を引き継いだ。

社長交代に当たって、先代に憂いなく退任してもらうために、清水社長は、母親に頼らずとも会社が回っていく仕組みづくりに力を注いだ。名付けて「社長の花道プロジェクト」。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り71%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。