地域包括ケアシステム

人口減少下の少子高齢社会において、厚生労働省は2025年を目標に高齢者を住み慣れた地域で支える社会システムとして「地域包括ケアシステム」を推進。医療・介護の新サービスや、高齢者向けの住宅・宅配事業の新提案が求められる。

現在、日本は、諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行しています。65歳以上人口は約3,000万人で、国民のおよそ4人に1人の割合(高齢化率24%)であり、世界一の高齢化の水準となっています。

また、認知症高齢者や、単身高齢世帯の増加、地域的には都市部を中心に急速に高齢化が進行することが予測されています(図1)。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り89%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。