2015年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

今日から始めるロボット事業

分身ロボット「OriHime」 社会参加の新しいツールに

吉藤 健太朗(オリィ研究所代表取締役CEO)

1
​ ​ ​

ロボットはあくまでも手段であり、目的ではない。社会課題解決や消費者ニーズに、どうロボットを活かすかが大切になる。オリィ研究所が開発したロボット「OriHime」は、その指標となるプロジェクトだ。

操作はヘッドマウントディスプレイ等にも対応。障がい者や出産期の女性が、OriHimeを使って働くことも可能だろう

「分身」で日常を取り戻す

学校での授業中。入院中の友達は、“分身ロボット”を通じて講義に参加する。ロボットが手を挙げて発言すれば、みんなはロボットの方を見て、意見を言ったり、笑ったり。入院前と何ら変わりのない、いつもの光景が広がっている――。

分身ロボットOriHimeの登場により、そんな夢のような未来が現実味を帯びてきた。胴体に顔と手を付けた卓上型ロボットに、カメラとスピーカーを内蔵。ユーザーはスマートフォンやPCから遠隔操作することで、ロボットが見ている映像を確認し、会話できる。また、ロボットの顔を見たい方向に動かしたり、「うなずく」「手をあげる」などのボタンで顔や手の動きも操作できる。入力した文字を読み上げることも可能だ。来年7月からは、老人ホームや学校などへの販売が予定されている。

設計・開発を手掛けるのは、オリィ研究所の吉藤健太朗代表。

「身体的問題や距離を克服し、ベッドの上にいても会いたい人に会えて、行きたいところに行ける。OriHimeがあれば、そんな当たり前の日常を取り戻すことができます」

吉藤 健太朗 オリィ研究所代表取締役CEO

残り76%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

週間ランキング

新しい「飲み屋」、若者をつかむ セルフ式、100種の酒が飲み放題

「いきなり!ステーキ」がなぜ成功したか 事業の発想とシステム

「埋もれない」地域PR動画の作成法

「クモの糸」を人工合成 世界が注目するバイオベンチャー

廃材を救い、人と思いをつなぐ 建築建材のリサイクルショップ

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる