2019年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

MPDの本棚

『ストリートデザイン・マネジメント』ほか注目の新刊

出口 敦(東京大学 教授)、三浦 詩乃(横浜国立大学 助教)

0
​ ​ ​

――なぜストリートに着目しましたか。

出口 ストリートは都市の活気を測るバロメーターであり、かつ身近な公共空間です。国内外でも各地域が「みちづくり」に力を入れています。私たち著者の間には「ストリートは地域を映す鏡であり眼鏡だ」という共通認識がありました。

――ストリート・デザイン・マネジメ ントという方法論の意義は何ですか。

三浦 街の活性化に際しては街路の活用法を見直すことが必要です。既に米国ニューヨークやドイツの都市などでは、自動車から歩行者にストリートをひらいていく潮流が現れています。国内都市も、メインストリートでそうした動きがありますが、今後取組を軸線からネットワークに広げていくように、一度体系的にまとめたいと考えました。

――紙の書籍という媒体上で表現する際に工夫された点は何ですか。

出口 全ての事例に共通して、「配置図」と断面(構造)、組織図(ストリートを活用していく仕組み)を入れるように配慮しました。これらの特徴を基に細かな類型化も試みています(165ページ・図)。

――書籍の刊行を機に、今後の展開をどう構想されていますか。

出口 2000年代に小泉内閣により都市再生が唱えられ、全国各地で社会実験が行われました。しかし継続した取組として続けるのは難しく、厳格な法規制を緩和する、地域の合意形成を得る、など幾つかのハードルがあります。元来、ストリートは地域の軸であり、新しいビジネスが生まれてくる場だと思います。今後そのマネジメントが普及すれば、ストリートを活用していく職能も生まれてくると期待しています。

三浦 5月に「i-love-street.com」というポータルサイトを開設しました。プレイヤー(みちに興味を持つ方)むけにデータベースを充実させ、逆にプレイヤーからも、情報を提供してもらう、という双方向的な運用を考えています。また「みちづくり」に関わるデザイナー・研究者・実務家が自分たちの知見をアーカイブする機能を持たせ、理論と実践の両面で発信を図りたいと考えています。

柏市の柏の葉キャンパス駅西口線、デッキやソファの置かれた歩道(本書4ページより再掲)


ストリート・デザイン・マネジメント

――公共空間を活用する制度・組織・プロセス

  1. 出口敦・三浦詩乃・中野卓(編著)
  2. 2019年3月
  3. B5・175ページ
  4. 学芸出版社刊

 

残り53%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる