2018年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

人生100年時代の事業構想

VRでリハビリに革新 医師兼経営者が語る「ヘルスケア事業の罠」

原 正彦(mediVR 代表取締役、医師)

0
​ ​ ​

VRリハビリテーション治療プログラムの開発で注目を集めるmediVR。代表取締役の原正彦氏は、多数のヘルスケアビジネス開発に携わり、現役医師でもある。原氏は「フィージビリティとクリニカルインパクト」という2つの視点の重要性を説く。

原 正彦(mediVR 代表取締役、医師)

mediVRは、VR(仮想現実)を利用したリハビリテーション治療プログラムを開発するデジタルヘルスベンチャー。1月には、経済産業省が主催したジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2018でグランプリに輝いた。代表取締役の原正彦氏は現役の医師でもある。

仮想現実空間でリハビリを定量化

原氏は心血管障害を専門としており、脳梗塞後の患者のリハビリを通して、現場の抱える課題に気づいたという。

「これまでのリハビリは半定量的でした。リハビリ効果の数値化が困難で、理学療法士のスキルによって患者の改善のスピードや改善度合いが変わってしまうのです。リハビリを定量化するためには、三次元上で目標を提示する技術と、三次元上をトラッキングする技術が必要。その手段としてVRにたどり着いたのです」

残り82%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる