拡大するドローン市場 空から目指す「次の産業革命」

EVベンチャー、テラモーターズはドローンの新会社を設立。事業を拡大させているテラドローンは、今後の市場拡大の可能性、他の産業へのインパクトをどのように見ているのか。

テラドローンは、ドローンから空撮した写真を利用して、3Dマップ等を作成。そのシステムは、土木測量などで利用されている

空撮や物流、災害救援など、さまざまな用途が期待されている小型無人機「ドローン」。日本では今、土木測量の分野で活用が進んでいる。その市場を牽引するベンチャーが、テラドローンだ。

テラドローンのCOO、関鉄平氏は、「日本はドローン規制が厳しいというイメージがありますが、それはホビー分野の話で、土木測量では日本が世界に先行しています」と語る。

関 鉄平(テラドローン COO)

産業用ドローンで海外を狙う

テラドローンは、アジアを舞台にEVで成長を続けるテラモーターズの新規事業として、2016年3月に設立された。

関COOはテラモーターズに創業期から参加し、海外事業を担当。アジアでEV市場を立ち上げ、販売を拡大させてきた。2016年からテラドローンを担当している。

そもそも、なぜEVのベンチャーがドローンに参入したのか。関COOは「新規事業の候補として、AIやIoT、VR、フィンテックなど、いろいろな成長領域を調査しました」と振り返る。

「ドローン市場において、ハードでは代表的メーカーがありますが、ソフト・サービスで世界的な巨大プレーヤーはいません。また、これは意外だったのですが、日本は国土交通省が推進する『i-Construction』(ICT等を活用し、建設業の生産性向上を図る取り組み)の下、産業用ドローンの活用が進んでおり、そのノウハウは世界でも優位性があるものでした。テラモーターズがEV事業で培ったグローバルビジネスの経験を活かせる分野として、産業用ドローンへの参入が決まったのです」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。