2018年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

リーダーの決断

Twitter社 ジャック・ドーシーCEO 280字への大転換を語る

ジャック・ドーシー(Twitter共同創設者 CEO)

0
​ ​ ​

Twitterは2017年11月から、文字数制限を倍の280文字に変えた。日本語はこれまで通り140字制限とはいえ、決断の根拠になったのは日本でのTwitterの使われ方だった。

ジャック・ドーシー(Twitter共同創設者 CEO) REUTERS / Lucas Jackson

多国籍に展開しているSNSサービスでも、国によって受け入れられ方が異なることはよく知られている。日本で人気のSNSサービスといえば、Twitterだ。2017年11月に来日したTwitter社の共同創業者、CEOのジャック・ドーシー氏は、Twitterの字数制限を増やした最近のシステム変更と、同社の未来について話した。

140字から280字への大転換

Twitter社は2017年9月、サービス開始以来140字だったツイート文字数の上限を、280字に変更する試験運用を始めた。ただし、日本語、韓国語、中国語は、140字で維持した。

この設定の変更は、同社が実施した分析に基づいている。日本語のツイートでもっとも多い文字数は15字だったが、英語では34字だった。日本語のツイートで、140字制限に引っかかるものはわずか0.4%だったが、英語では9%になる。日本語では140字でもほぼ、言いたいことをつぶやけるが、英語では約1割のユーザーが、文字数のために表現を制限されていた。

残り80%

0
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる