2018年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2020年へのビジネスチャンス

松竹が挑む「伝統芸能×テクノロジー」 新しいエンタメを海外へ

細田 光人(松竹 取締役副社長)

0
​ ​ ​

400年余りの歴史を持つ古典芸能、歌舞伎。その世界で唯一の製作・興行会社である松竹は、急拡大するインバウンド(訪日外国人)をターゲットに、新しいエンターテインメントを創出。伝統芸能とテクノロジーを組み合わせた、新たなコンテンツ戦略を、細田副社長が語る。

細田 光人(松竹 取締役副社長)

エンターテインメントの事業は、ヒットの有無で収益の振れ幅が大きく、長期的なビジネスとして成立させるのが難しい業態です。松竹は1895年に創業し、歌舞伎の製作・興行を手掛けるほか、映画や松竹新喜劇・松竹芸能などの事業も拡大してきました。

歌舞伎が不調なときは映画が支え、また、その両方が不調なときは芸能事業などに支えられ、会社は発展してきました。不動産事業も安定した収益源となっています。エンターテインメントをビジネスにするうえで、収益の波を吸収できる基盤を持つことは、とても重要です。

残り84%

0
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる