デッドスペースは創発の場 塗るだけでホワイトボードに変える

塗布すると、壁や柱、棚の側面など、あらゆるスペースがホワイトボードに変わる。アメリカ生まれの塗料『アイデアペイント』が、国内の企業や教育機関でも使われ始めている。自由にラフに「書ける」ことは、コミュニケーションやアイデアが生まれるきっかけになる。

塗布すると、そのスペースをホワイトボードとして使えるようになる塗料『アイデアペイント』。柱や壁などの「空きスペース」を、クリエイティブな場に変える

今、アマゾンジャパンのようなグローバル企業や日本の大手企業、東大、京大、早稲田、慶応などの大学、医療機関や福祉施設など、多くの法人がこぞって導入している塗料がある。

アメリカ生まれのホワイトボード塗料『IdeaPaint(アイデアペイント)』だ。アメリカの大学生3人が開発し、2008年にリリースしたもので、壁面やテーブルに塗るだけで、そのスペースがホワイトボードになり、専用マーカーを使って自由に書いたり消したりすることができる。

塗料には、白以外に下地の色を活かしたクリア塗料もある。アメリカでは、NASA(米航空宇宙局)やGoogle、Appleなど、名だたる企業が導入している。

澤田 真由美(アイデアプラス 代表取締役)

きっかけは自宅用、子供のため

この『アイデアペイント』の日本における正規代理店が、富山市に本社を置くベンチャー、アイデアプラスだ。同社代表の澤田真由美氏は、ちょっとしたきっかけでこのビジネスをスタートさせた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。